2016年10月04日

秋のもののふ集印帳ともののふ討伐録


秋のもののふ集印帳イベントが始まっている(相変わらず遅



通常の集印帳と同じように、ログインするとスタンプが押され、押された箇所のアイテムが受け取れるというイベントだが、ただのスタンプと違って、ボスや戦闘後に一定の確立で落とす「討取りの証」を集める必要がある。


この辺りあまり工数を割けれないイベント制作班の(一応アンケートも参考にした)戦闘後に獲得できるアイテムと交換使い回しイベントそのまんまだが、集印帳には稼業や攻城、城下町や軍神など様々な種類があり、且つキャラクター毎にもらえるので、印を集めて自分が強化したい分野の印を其々集めることが可能だ。



稼業の集印帳では先日の宝くじの景品にもあった、"名匠の秘伝書"がもらえるが、お金を稼ぐなら金運の集印帳より遥かにこちらの方が稼げる。


市で販売しても120,000~150,000貫ほどだが(2016.09上旬)生産をしている人であればそのまま使っても良。力の源・大とか九十九の源・大とか売れないしね。


こちらの効果としては生産時に大業物(初期生産時に生命+60や付与+6の効果がつく)が10回生産できる、というもの。生産装備を整えた職人ならいくらあってもほしいアイテムだ。



またこの流れにのった堅実な稼ぎ方法としては、解体具の制作もあげられる。大業物の場合通常生産品より価値が高く、NPCが販売している解体具では解体できない事が多いため、"名匠の秘伝書"は流通するに従って安くなっているが、高価値の解体具は高騰が続いている。



またメンテ明けに実施される”もののふ討伐録”からは ”主従の力”で家臣の能力をキャラクターに反映させる能力値がさらに上がるとのことなので、"忠臣の集印帳"から獲得できる家臣特別訓練券などを集めておいても良いかもしれない。


現在家臣の能力の10%が反映されるが、恐らく15~20%ほどになるのではないだろうか。



たまには戦闘を離れた、生産や職人イベントが来てほしいところ。







ランキング参加しています!ポチしてもらえると喜びます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ


snow454 at 13:11|PermalinkComments(2)金策 

2016年09月29日

合戦と雪女



合戦があるとついつい他のをクエストを置いて参加してしまい、しかも夜遅く迄滞陣してしまうので翌日に響く事が多い。


しかも日課になっている週間ptや稼業も疎かになりがちだ。


これではいけないよくないにゃよろしくなくってよ、と思って他のクエにも行ったりするのだが、参陣の呼びかけを聞くと、苦戦の中修理してくれる人や、拠点をじっと防衛してくれる人、旗ふりをしてくれる人や囮や武将攻略をしてくれる人、合戦場を駆け回るパンダやうさぎ達が瞼に浮かんで(とは大げさだが)つい参陣してしまう。



こんな時は子供の頃だったか読んだショートショートの短編物語の話を思い出す。



〜雪女〜

男は山荘に休暇にきていた。ある寒い夜、美しい雪女が小屋に尋ねてきた。男は雪女に関わると命が危ないという話を聞いていたが、その美しさに目を奪われ中に入れてしまう。


色々話を聞いても危険な様子はなかったが、暖炉に火を入れ徐々に部屋が暖まっていくと、熱さが苦手な雪女は服を脱ぎ出し始めてしまう。辛抱溜まらんとなった男は襲いかかるが、雪女は溶けていなくなってしまった。


男は早まった行動を後悔するが、しばらくするとまた雪女が小屋を訪れてきた。どうやら消える際の記憶はないので男の行動も覚えてなく、また楽しく会話ができるようになった。


男は今度こそ慎重に行動しようとするが、雪女が脱ぎ出すと再び襲いかかり(全然学習してないよ)、また雪女は雪のように溶けて消えてしまう。そしてしばらくすると女は再び小屋を訪れるという繰り返しに。


これでは身体が持たないと思った男は小屋を引き払って山をおりるが、寒い夜に雪女が細い手でドアをトントン、トントンと誰もいない小屋を叩く姿を想像すると居たたまれず、結局また山荘に戻っていく。



雪女は男を殺すことはしない。


殺す、という生温いことはしてくれない。



 



ランキング参加しています!ポチしてもらえると喜びます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ


snow454 at 11:38|PermalinkComments(0)信on 

2016年09月22日

悪の武田家




今週も恒例の合戦が始まっているが、出陣してみるといつも援軍に駆けつけてくれている赤鳥や亀甲紋のPCの姿が見えない。


一門チャットでどうして援軍がきていないのであろ、と呟いたところ敵対勢力に所属している党員から



日頃の行い^^



とのreplyを頂いた。どうやら武田家は日頃の悪行の報いを受けているようだ。そういえば信玄もお父さんを追放したり、息子を切腹させたりと非道いお館様だったよ全く全然関係ないけど。


だが考えてみると今川家や浅井家にはずっと援軍に来てもらったので中休みできるし、新しいクエもこなせて悪のお館様を攻略できるし良かったかもしれない。合戦続きは相手方勢力も同じなので、負けは負けなのだが戦果も3倍差というわけでもないようだ。



そんな合戦だが、今回はよく見かける人々を誘って徒党を組んでみた。普段ソロ活動なので仲間と一緒にワイワイできるのは楽しい。他のコンテンツはこちらが動かなければ何も変わらないが、合戦コンテンツは刻々と状況が変わっていくしね。

 

また同じ相手と対戦していると何となく相手側の特徴みたいのも分かってくる。北条は武将攻略がうまく、上杉は以前のような人数はないが個々の戦闘力が高い。伊達はタイジンスキーな人が多いが、聞いた話では合戦参加している各役割の人を表彰して士気を高めたり、大名取り付きレースで賞金を出して動員率を上げる工夫をしたり、と首脳部?の並々ならぬ手腕を感じる。


武田は勝っていようが負けていようが、勢力チャットの雰囲気も変わらず攻めている印象がある。私のようなゲリラで参加しても何故か途中から味方から逸れ、明後日の方向に進んで後続を混乱させる困ったちゃんにとっても気楽に参加できる。


とはいえ一部PCには看過できない振る舞いをする者もいる。


怪しげな薬を使って熊猫に変身している輩である。
大砲の前にちょこんと座っている姿などなんて愛らsh、もといなんと役立たずなことか。


そんな姿でこの厳しい状況下で一体どう切り抜けるとというのか。嗚呼、まるまるもふもふ!(魅了
 
 



ランキング参加しています!ポチしてもらえると喜びます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ


snow454 at 11:21|PermalinkComments(6)信on