2016年10月04日

秋のもののふ集印帳ともののふ討伐録


秋のもののふ集印帳イベントが始まっている(相変わらず遅



通常の集印帳と同じように、ログインするとスタンプが押され、押された箇所のアイテムが受け取れるというイベントだが、ただのスタンプと違って、ボスや戦闘後に一定の確立で落とす「討取りの証」を集める必要がある。


この辺りあまり工数を割けれないイベント制作班の(一応アンケートも参考にした)戦闘後に獲得できるアイテムと交換使い回しイベントそのまんまだが、集印帳には稼業や攻城、城下町や軍神など様々な種類があり、且つキャラクター毎にもらえるので、印を集めて自分が強化したい分野の印を其々集めることが可能だ。



稼業の集印帳では先日の宝くじの景品にもあった、"名匠の秘伝書"がもらえるが、お金を稼ぐなら金運の集印帳より遥かにこちらの方が稼げる。


市で販売しても120,000~150,000貫ほどだが(2016.09上旬)生産をしている人であればそのまま使っても良。力の源・大とか九十九の源・大とか売れないしね。


こちらの効果としては生産時に大業物(初期生産時に生命+60や付与+6の効果がつく)が10回生産できる、というもの。生産装備を整えた職人ならいくらあってもほしいアイテムだ。



またこの流れにのった堅実な稼ぎ方法としては、解体具の制作もあげられる。大業物の場合通常生産品より価値が高く、NPCが販売している解体具では解体できない事が多いため、"名匠の秘伝書"は流通するに従って安くなっているが、高価値の解体具は高騰が続いている。



またメンテ明けに実施される”もののふ討伐録”からは ”主従の力”で家臣の能力をキャラクターに反映させる能力値がさらに上がるとのことなので、"忠臣の集印帳"から獲得できる家臣特別訓練券などを集めておいても良いかもしれない。


現在家臣の能力の10%が反映されるが、恐らく15~20%ほどになるのではないだろうか。



たまには戦闘を離れた、生産や職人イベントが来てほしいところ。







ランキング参加しています!ポチしてもらえると喜びます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ


snow454 at 13:11│Comments(2)金策 

この記事へのコメント

1. Posted by 宇佐月   2016年10月04日 14:56
解体具に関する内容は事実とは正反対ですよ。正確な情報をお願いしたいです。
2. Posted by ききょ   2016年10月04日 21:33
宇佐月さん

小物解体具・五とかどえりゃあ高くなってるだでうほっ。と思ってましたがどうやら私がパラレルワールドにいるようです。
ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字