2017年02月12日

信onと世界のMMORPG(前編)



しばらく課金停止していたが帰参キャンペーン中のおかげで、インすることができるようになっていた。

この期間に他のMMORPGゲームも少し遊んでみたが、信onは戦闘中でもチャットでき、意思の疎通もしやすいため、またあとは合戦コンテンツなど同一勢力での一体感を感じられる為仲の良い人間関係が構築しやすい気がする。

なので以前遊んでいた一門や知人とまたプレイできるようになるのは素直に嬉しい。反面帰参して個人的に思ったことは知人たちとの交流や合戦がなければ特にやることがない、といった信onの状態だった。


開発も大変だとは思うが、ユーザーに楽しんでもらうために仕事をしている、というよりサラリーマンが与えられた枠組み内でサービスを提供しているように思えてしまう。戦闘してポイントなりアイテムを集め、交換するというイベントを見てもそう感じてしまう。
開発陣はユーザに駄菓子を与えれば喜ぶとでも思っているのではないか。いや駄菓子嬉しいけど。
今100円の駄菓子袋に色々入っているよね。皆さんあの菓子の中でどれが一番好きですか。




ってそうじゃない。そうじゃないってばよ。



おそらく多分ひょっとして、天下夢幻の章でリリースされた攻城戦が信onの新しい遊び方の一つのとしてエポックとなったコンテンツかもしれない。というかもう一工夫でなったかもしれない。個人的には攻城戦は好きだったが、ユーザーからの不評を受けてか、今では最後を除いてスキップできるようになってしまった。


これ以降は新しいことをするより既存路線のサービスを、という流れがずっと続いているのではなかろうか。



信onブログ村をざっと見渡しても、信on以外のゲームなどを記事にしているブロガーが以前より多く見受けられるが、右だが斜め上に習って次回は他のMMORPGを紹介して記事にしてみようと思います。










にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

snow454 at 14:17│Comments(0)信on 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字