職業・特化紹介

2016年09月09日

勇士の章 武芸覚醒流派


勇士の章で追加された技能を皆伝すると 覚醒流派で特化に応じた様々な再行動をしてくれるようだ。


覚醒流派とは

特化で取得できる技能を皆伝すると、各町の道場前にいる流派師範より2つの流派(武芸なら単体攻撃の巌喰波か間接攻撃の打波)から一つ選べ、さらに技能に応じた特性効果を設定することができる。設定できる特性は6つまであるので、ボス戦や対人戦、狩りなどの状況に応じて様々な特性を入れ替えることもでき意外と奥深い。

 --------------------------------
斬捨  追加行動・壱

特性
再行動・攻

消ウェイト減 -1
使用回数 -1
費気合減 -30%

これは斬捨を皆伝すると、巌喰波流派で追加行動の特性を得られるが、ウェイト1増え、使用回数が1減り、且つ消費気合いが30%増加するといった意味。  
 --------------------------------


追の刃・弐 猛攻・壱

特性
自攻撃力50%
威力20%

ランダム化 -100%
継続ダメージ -300
 --------------------------------
 

鬼気執念 猛攻・弐

特性 
自攻撃力 50%
威力20%

自物理耐性 -50%
自術耐性 -50%
 --------------------------------


意気軒昂 追加攻撃・弐

特性 
再行動・弐

消ウェイト減 -3
使用回数 -3
費気合減 -90%
 --------------------------------


11
一定のターン後自動で攻撃してくれる再行動。威力は4,000〜5,000程
 


意気軒昂の再行動はデメリットが大きすぎるが、斬捨の再行動はボス戦などでそこそこ使えそう。
他の特化でも再行動で詠唱や術攻撃、看破や挑発など色々あるので、ターンの合間に再行動で一手間減らせて助かる場面も出てくるかもしれない。


 
6
謎の連携をとる武田家の人々。人は石垣、人はまるばつ。





ランキング参加しています!ポチしてもらえると喜びます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ


snow454 at 12:27|PermalinkComments(0)

2016年02月11日

新技能 覚醒流派特性(武芸)



昔、流派技能という、自分でカスタマイズできながら、利用回数が限られる(風化する)ことで廃れていたいった技能があるが、今は技能覚醒皆伝に応じて様々な特性を得られ、且ついつまでも使える(1戦闘における使用回数制限はあり)覚醒流派という技能がある。


武芸の新技能3つが皆伝できたので、覚醒流派の特性について記します。


---------------------------------------
活火激発 武芸・魅

特性
威力 20%
自攻撃力(/10%)
使用回数(-1回)

---------------------------------------

十年一年  無心之極

特性
使用回数 3回
消費気合 90%
ウェイト減(-10)

---------------------------------------
月崩  神速之極

特性
ウェイト減 3
使用回数 3回
消費気合 90%
消費気合(-180%)
---------------------------------------

十年一年と月崩はウェイトと消費気合が大きすぎて使いづらいが、活火激発はかなり良い感じ。使用後に自分に赤付与力(/10%)がつくので、天狗など食らって大幅に攻撃が下がった時にも使えそう。


現在設定している覚醒流派



 kakusei
命中率がもう少しほしいところ


覚えた技能覚醒はいつでも変更できるので、状況にあった覚醒流派を設定して戦いに臨むことも。


道場の脇、もしくは安土にいる流派師範から覚えていけるので、覚醒を皆伝する楽しみにもつながっていて、次どれを覚醒設定しようか、寄合情報を見つつ悩むのも結構楽しい。




昨日とは違う自分になれる、みたいな。



...まぁさほど違いはないのですが。




ランキング参加しています!ポチしてもらえると喜びます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

snow454 at 15:04|PermalinkComments(0)

2015年12月10日

新技能説明と予想結果 ~忍者・鍛冶屋・薬師・傾奇者~

---
忍者
---
秘伝忍法
・飛跳転身
敵単体に近接攻撃を行う。

・戦技高揚
自身に、敵を行動不能にすると器用さが上昇する状態を付与する。技能そのものの持つ器用上昇とは重複する。

・狂瀾怒濤
疾風怒濤状態を増幅して放出する、敵単体への強力な近接攻撃。


攻撃職全般に言えるが、今回今まであった術低下技能もなく、ただ威力だけ多少上がっている攻撃技能が多い。飛跳転身も同様。戦技高揚は味方サポートではなく、自身のバフ技能だった。狂瀾怒涛を使っても▲緑は消えてなかった。対人で脅威となるかも。


暗殺
・襲撃
敵単体に守護術の影響を受けない近接攻撃を行い、結界を解除する。解除した結界の耐久値に応じてダメージ増

・返し一刀
敵単体に痺れ斬り。誰かを行動不能にした場合、連動して再度この技能の対象に痺れ斬りを行う

・雷霆万鈞
電光石火と心眼の効果を同時に得る。さらに、強制的に標的を変更する技能への耐性が上昇する。


襲撃の威力はかなり高かった。LV66の暗殺さんが8000近く出していたが、耐久が多い結界は強敵が多いので、守護抜けで強力な結界破りはボス、対人共に使えそう。返し一刀は攻撃ではなく痺れの連動技能だった。Aをこの技能で痺れさせた後、Bを痺れさせるとAに痺れを再度行うのだろうか。暗殺は確率痺れもあるのでよさげに見える。幻影痺れ斬りに影法師とか使った日には、敵どころか自分が惑わされるよ。雷霆万鈞は枠約に助かるだろうが、残念ながら半自動ではないようだ。


忍秘術
・鎌鼬の術
敵全体に選択した属性術を放ち、さらにその属性の呪詛を与える。

抗術破りの術
・敵単体の結界を解除する攻撃術を放つ。

残影
・敵単体を指定して発動。一定時間、自身の行動後に対象に術攻撃を行うことがある。


鎌鼬の術は新しい友達が増えるものではなかった。敵の真ん中でくるくる回っていた。抗術破りの術は初めて予想がぴったり当たった技能ではなかろうか。如何せん術忍さんが少なくてあまり技能を見れなかった一緒に狩りに行こう。


---
鍛冶
---
刀鍛冶
・忍辱負重
一定時間、自身の防御力が倍増し、蓄積量が増加する。攻撃を受けても効果時間中は蓄積量増加は続く。

・拡散震撃
蓄積値を消費して、敵5体に間接攻撃を行う。

・憤怒威圧・弐
蓄積値を3000消費し、敵全体の注意を引くと共に、防御力を上げる。標的変更に失敗した場合でも防御上昇は保証される。


忍辱負重は共通技能の鎧の至りに代わって、刀の防御力増技能となりそう。拡散震撃対象は敵5体だった。ダメージは同等なのだろうか。憤怒威圧・弐は釣れなくても防御力上昇が保証されるというどこかの保険の商品みたいである。


鎧鍛冶
・仕掛け挑発
任意の敵2体の注意を一定時間引き、敵の士気を減少させる。さらに、近接攻撃してきた相手にダメージを与える。

・火事場馬鹿力
自身の生命力が半分以下になった際、自身に鎧の極みの最大値と同等の防御力上昇を付与する。

・隠忍陽動
敵全体の注意を引き、自身の術耐性を上げる。


仕掛け挑発は対象が2体に反射結界、さらに士気減少と効果がいくつもある。結界枚数は3枚、反射率は見たところ100%だった。対人の結界破りがない近接アタッカーに対して脅威となる。って武芸だけ。。?またそのモーションについて何コレ的な意見が多いが実は。隠忍陽動はまだ覚醒もそれほど進んでいないと思われるが、それでも狩りで見る限り成功率は良かった。術耐性も上がってまさに鉄壁の盾となったのではないだろうか。


鉄砲鍛冶
・不意撃ち
敵に必ず命中し、守護もできない間接攻撃を行う。

・圧縮射撃
回数制限がある代わりに高威力の間接攻撃を行う。

・体当たり
敵単体に、弾薬を消費しない近接攻撃を行う。


不意撃ちは既に映像が出ていたにもかかわらず、自キャラで見るとどっち見てるんだよ感が強く、不満が多いようだ。圧縮射撃は威力と回数制限が何回なのか気になるところ。体当たりは体当たりだった。新技能でそんな訳ないと思って、鍛冶っ娘にもう一度じっくり見せてもらったら、やっぱり体当たりだった。多分目の錯覚。


---
薬師
---
医学
・二者救護・弐 任意味方2人の生命力を回復する。対象は重複可。

継続治療
使用後、一定間隔で味方全体の生命力を回復する。

硝薬乱舞
火炎丹を消費して、敵3体に火属性の攻撃妖術を放ち、物理攻撃で追加ダメージを受ける状態を付与する。

二者救護は狩り中に後ろからかけてもらったが、手がプルプルしているのを見てなんだか申し訳ないような情けないような気に襲われたよありがたや。狩りでは1,2ターンで終わるので継続治療の効果の程は確認できず。硝薬乱舞は敵に900ほどのダメージ+物理攻撃時の追加ダメージ。

神通
・滋養活力
任意の味方2人の生命力を少量回復し、効果の高い生命力継続回復状態にする。

・生命付与・参
任意の味方2人の生命力の最大値を上げた後、生命力を回復する。

雷神衰滅・参
・敵5体に属性値を低下させる高威力の攻撃術を放つ


滋養活力と医学の二者救護・弐のモーションは同じようだ。生命付与・参は40%ほど最大生命があがるらしいので流派覚醒してなくてもこれがあれば龍3ボスにもいけるのでは。雷神衰滅・参は準備ありなので、狩りかボス戦最終段階あたりでの出番となりそう。


修験道
・護鬼法力・参
味方2人の生命力を回復し、物理と術の耐性を上げる。自身に、継続メージを自動で継続回復に上書きする状態を付与する。

・蛇紋孔・参
敵単体に生命力減少状態を付与する。その後、一定時間ごとに自動で上書き発動し、上書きするごとに効果が上がる。

・邪念霧散・参
味方全体にかけられた標的固定状態を解除し、標的固定状態と標的混乱状態に対する耐性を上昇させる。


新技能が微妙だったり枠の実装関係で悩む特化が多い中、新しい技能名こそないが、一つの技能に多数の効果や、タイマー機能、ある条件でのさらなる追加効果があって便利だと思われる。今回の新技能実装の影の帝王。


---
傾奇者
---
綺羅演武
・龍之咆哮
敵単体に物理ダメージを伴う術攻撃を行う。

百鬼旋舞
・近接攻撃時、術耐性を低下。属性付与が最高の属性と選択した属性の四象を上げる。

・臨機応変
選択した2つの属性の四象を入れ替える。

龍之咆哮は槍を自分の前で水車の如く回し、ぶはぁぁと4色に輝く緩やかな術攻撃を行うモーション。術結界のあるトカゲも一撃だった。百鬼旋舞は今回実装された近接攻撃で珍しく術耐性低下効果がある。これは演武の近接攻撃完全上位となるのだろうか。いいないいな。

能楽
・御破算
すべての地勢を打ち消し、打ち消した個数に応じて敵全体にダメージを与える術攻撃を行う。

・地の利
一定時間、地勢が1つも宿っていないときには速度が上昇し、1つでも宿っていると回避力が上昇する状態になる。

・弁才の謡・弐
場に気合消費量減少の地勢を宿らせ、味方全体の気合の回復を早くする。気合回復速度の上限を超えて効果を発揮する。


地の利は地勢が1つでも宿っていると回避が上昇とのことで、ボス戦では盾から喜ばれそう。弁才の謡・弐は気合消費減少地勢+味方全体の気合の回復を早くするとのことで、こちらも喜ばれそう。


~実装された技能を見て
~

新しくきた技能も完全上位ばかりではなく、微妙なものが多かった。武芸でいえばメイン攻撃は相変わらず月薙だろうし、月崩は竜跳虎臥より威力もありそうなので、蓄積放出として代わりに実装するだろうが術耐性低下がないなど。陰陽師の術攻撃も物理耐性低下がないなど。

それに比べて主に回復職で複数の効果が実装されているものが目立った。ただアタッカーは攻撃してダメージだせて気持ちいいのだろうが、回復職とかそういうものがないので、これでいいのではないかとも。


これから修正がくる技能もあるかもしれないし、狩りで見た感じなので実際の評価ははこれからでしょうか。

 
 


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

snow454 at 11:58|PermalinkComments(2)

2015年12月09日

新技能説明と予想結果 ~侍・僧・神職・陰陽師~

待望の新しい技能が実装されたので、技能説明と予想結果ついて。

---

---

武士
・明鏡止水
物理攻撃によって受けた生命力ダメージを気合ダメージに変換する結界を張る。結界を破る効果を無効化できる。

・則天去私
自身に張られた結界の耐久度を回復し、気合回復速度の上限を超えて気合の回復を早める。
 
・柳に風
一定時間、攻撃を回避できなくなる代わりに、自身に張られた結界の被害軽減効果を増大させる。


明鏡止水は行動不能耐性ではなく、結界破り無効の心頭滅却のようだ。柳に風は完全に予想と逆だった。結界のダメージ軽減があがるのはいいが、回避できなくなるというのはどうだろう。明鏡止水以外は新技能なので技能枠も大変かも。


武芸

活火激発 
敵単体に近接攻撃を行う。この技能で敵にとどめをさした場合、本来蓄積される蓄積値の倍の値が蓄積される

月崩
敵単体に近接攻撃を行う。

十年一剣
自身の蓄積値を増加させる。


月崩は予想通りだろうか。安土の道場クエで試したところ、蓄積維持ではなく放出されていた。竜跳虎臥の代わりに蓄積放出としての位置付けになるかもしれないが、術耐性低下効果はない。活火激発はまだ覚醒威力振っていないので威力の程は定かでないがモーションが素早いので新鮮である。十年一剣を使用したら、蓄積2000溜まった。 再度確認したら5000蓄積された。あれ。。覚醒では器用があがるだけで蓄積値が上がる訳でもなく、これ入れる必要ないんじゃ。。。 状況によるかも。


上級軍学

 閃耀・剛 
ごく短時間、自身の物理耐性を大幅に上げる。

閃耀・柔
ごく短時間、自身の術耐性を大幅に上げる。

金科玉条
一定時間、選択した味方の受けるダメージを自身に移す。


閃耀・柔は対象も効果も予想とは全く違っていた。術耐性上げるなら別の漢字のほうが分かりやすいと思う。。金科玉条も予想とは異なっていたが、これは近接攻撃のみなのだろうか。旗直撃を防ぐにはよさげ。

---
---
僧兵之武

・僧兵剛撃
通常の技能より与ダメージに対する蓄積値の増加が大きい近接攻撃を行う。

・閻魔裁撃
敵単体を攻撃すると同時に味方全員の生命力を回復する。蓄積値をすべて消費し、回復量はその値により増加する。 

・施無畏印・弐
一定回数、回復術の効果が上昇し、状態レベル2の金剛力の効果を得られる。また、同時に蓄積値を加算する。


僧兵剛撃は威力も上がるだろうし、蓄積値も増え、普通に使えそう。施無畏印・弐も回復upとレベル2の金剛力、蓄積upと3つの効果が入っている優良必須技能。


仏門

三途返し
味方1人を指定して使用。対象が戦闘不能になったとき自動的に蘇生させ、気合回復結界を張る。

大冥護結界
味方1人に耐久度は低いがダメージ軽減効果の高い気合回復結界を張る。

冥護結界・参
味方1人に気合回復結界を張る。対象の結界がなくなった際、自動的に同結界を張り直す


三途返しは予想を上回り、自動復活の他気合回復結界を張るとさらに良さげな感じだが、使用しておけばずっと効果続くのだろうか。大冥護結界は枚数は少ないながらかなり強固な結界技能。なんとういか結界師になったようだ。


密教秘術
 
明王秘呪・散
最大生命力低下状態の敵を指定して発動する。対象以外のランダムな3体にも最大生命力低下状態を拡散する。

降魔印秘法
一定時間、味方2人が霊種族から受ける物理ダメージを軽減する結界を張る。

往相廻向・弐
敵に妖術攻撃を行うと同時に味方単体の生命力を回復。霊種族に特効。
 

降魔印秘法は相手ではなく味方へのダメージ軽減結界だが、霊種族からのみだとしたら限定されてしまいそう。往生廻向・弐は往生全然関係なかったよ。廻向・参で名前いいのでは。

----
神職・巫女
---
神典

七代の神罰
敵全体に間接攻撃を行う。蓄積値を消費してダメージを追加するが、単体攻撃に対して加算値は低い。

瞬剛和魂・弐
味方2人の攻撃力と素早さを上げる。効果は知力に依存する。2回分の行動蓄積値が加算される。

鋼慧和魂・弐
味方2人の防御力と知力、魅力を上げる。効果は知力に依存する。2回分の行動蓄積値が加算される。


 瞬剛和魂・弐、鋼慧和魂・弐共に対象が1体とは思わなかった。七代の神罰は準備動作に特別効果はないようだ。


古神典

神威光臨・弐
味方3人の気合を回復し、行動ごとに気合を回復する状態を付与。気合回復速度の上限を超えて効果を発揮する。
 
神気慧撃
敵単体に消費気合と同じだけの気合ダメージを与える。逃亡以外の準備に特効。
 
神威照覧
自身に、気合ダメージを受けると味方全体の気合を回復する状態を付与する。


神威光臨・弐は対象が3体のままだが、今まで以上に気合回復速度も上がるとのことで、こちらがどの程度の早さなのかによるがアタッコ達にとっては助かる技能。神気慧撃は思ったより追加効果が少なかった。準備止めに特効効果で、今まで以上に安心できるが、もう少し追加効果がほしかった。 


雅楽之妙

振鉾の舞
振鉾の舞自身に、特殊な技能を使用できる状態を付与する。

鉄壁の連歌
味方1人の防御力と連歌状態を上げる。連歌状態が高いほど効果が上昇。

勇武の連歌
味方1人の攻撃力と連歌状態を上げる。連歌状態が高いほど効果が上昇。

鉄壁の連歌、勇武の連歌共に、対象が徒党全員ではなく1体とは予想はずれ。ところで連歌状態って何でしょう。

振鉾の舞後は特殊な技能で、使用後驚天の舞か飛槍の舞のどちらかが使用可能になる、
驚天の舞は敵単体に近接物理攻撃+麻痺効果。
飛槍の舞は敵単体に間接物理攻撃+物理耐性及び術耐性低を付与。
威力の程は定かでないが、恐らく徒党後半戦あまりやることがない、といった声に答えて実装された技能ではないだろうか。


---
陰陽師
---

陰陽道

共鳴法
自身の最高属性と同属性の攻撃術を放つ。属性差が小さい敵ほどダメージが増加する。

地流秘術
自身の最高属性と同属性の四象を消費して、強力な攻撃術を放つ。

万有
敵全体に属性妖術を放つ。


万有ではなく、地流秘術が単体攻撃術だった。これがメインの単体攻撃技能となるだろうか。そして万有はなんと準備なし全体術攻撃。 属性上げれば上がるほど威力は上がるのでメイン陰陽道の方はやり込み要素が増え、かなりうれしい技能かと。


仙論
 
内丹崩
敵単体に近接攻撃を行うと同時に妖術ダメージを与える。さらに、物理と術攻撃への耐性を低下させる。

返報
自身に、呪詛を受けた場合に敵全体への全属性呪詛が発動する状態を付与する。
仙呪縛
敵単体の近接攻撃を高確率で一定時間封じるが、対象に呪詛耐性を付与する。


返報は術反撃ではなく、呪詛を受けたときに敵全体への全体呪詛属性が発動する状態を付与。これは自動で敵全体に呪詛返しという意味なら、地味ながらかなり有効な技能な気がするが反自動なら良かったのに。仙呪縛は複数呪縛ではなくて敵単体の近接攻撃封じだったが、呪詛体制を付与ということで、立て続けには使えないのかな。対象がただの呪縛より少なくなったのは残念。


高位召喚術

式鬼衝魂
敵単体に強力な術を放ち、物理耐性低下状態を付与する。式神が存在する場合、式神を消滅させてダメージを増やす。

鬼神憑魂
式神が消滅すると蓄積値が貯まる状態を付与する。

天翼召喚
蓄積値を消費して、強力な上位式神を召喚する。
 
 
式鬼衝魂は召喚の強力な単体術のような記述だが、式神を消してしまうので、その点ネックか。対人ではかなり強い気はする。天翼召喚は誰しも予想できた内容ではあるが、どうも手間はかかるようだ。




いくつもの追加効果がある技能や、これだけ。。?といった技能もあるのですが、記述されていなくても効果があるものもあり、まだまだ検証していけないとわからない点も多い段階かと思います。





にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

snow454 at 23:42|PermalinkComments(0)

2015年12月03日

新技能紹介と技能予想 ~忍者・鍛冶屋・薬師・傾奇者~


前回の~侍・僧・神職・陰陽師~編に続く、新技能紹介と予想。

 


忍者
  

暗殺
・襲撃
敵単体に守護術の影響を受けない近接攻撃を行い、結界を解除します。ダメージは解除した結界の耐久値に応じて増加します。

忍法
・狂瀾怒涛
”疾風怒涛”状態を増幅して放出し、敵単体への強力な近接攻撃を行います。

忍術
・残影
一定時間、自分の行動後に、発動時に選択した対象に術攻撃を行うことがあります。

--新技能一覧--

忍法
・飛跳転身
飛跳神速の強化版とは思うが転身とあるので、攻撃しつつ相手の付与を自らのものにする技能なのかも。

・戦技高揚
陣営効果向上なのか、陣営技能の士気が溜まりやすくなるのか、はたまた陣営とは関わりない味方の能力向上か。いずれにしても徒党のサポート技能。


忍術
・鎌鼬の術
鎌鼬が仲間になりたそうにこちらを見ている。仲間にしますか?

・抗術破りの術
必中の術攻撃による結界(物理、術)破りと思われる。


暗殺
・返し一刀
返す刀は、あるものを攻撃した余勢をかって、間を置かずに他に攻撃の矛先を転じること、とあるので、対象近接攻撃以外に、任意の相手にさらに近接攻撃が発動する技能っぽい。

・雷霆万鈞
意味は他の比ではないほどの激しい勢いや力のたとえ。 「雷霆」は雷が轟くこと。 「鈞」は重さの単位のことで、「万鈞」は非常に重いこと,威勢が強く防ぐことができないほど。守護無視の強力な近接攻撃か。今回近接が術攻撃、術担当が物理攻撃等あるので、土属性の術攻撃などの可能性も。



----------------------------------------------
鍛冶屋



鉄砲鍛冶
・不意撃ち
敵に必ず命中し、守護もできない間接攻撃を行います。

鎧鍛冶
・火事場馬鹿力
自身の生命力が半分以下になった際、自身に”鎧の極み”の最大値と同等の防御力上昇を付与します。

刀鍛冶
・忍辱負重
一定時間、自身の防御力が倍増し、怒り状態が増加します。また攻撃を受けても、効果期間中は蓄積量増加は解除されません。

--新技能一覧--

刀鍛冶
・拡散震撃
対象に怒りを放出した際、周り(対象の上下2体)か、全体に放出ダメージの何%分のダメージを与える技能のイメージ。

・憤怒威圧・弐
憤怒威圧の強化版


鉄砲鍛冶
・圧縮射撃
なんだろうエアー銃になったんだろうか。圧縮率に応じて攻撃力の増加。但し高すぎると暴発の可能性あり、とかならテッポコさんクレームだよね。

・体当たり
なんだろう組の鉄砲玉になったんだろうか。鉄砲持っているのに体当たりとかどんな状態だ。玉が切れた状態でも攻撃できるとうっかりさんは大喜び。。。?


鎧鍛冶
・仕掛け挑発
挑発しつつ反射結界か、はたまた別の何かの仕掛け発動


・隠忍陽動
恐らく鎧のメイン全体釣り技能となる。全体釣り+αの効果として何がくるか。蓄積関連か、レベル2青を自身に付与し物理防御力を上げつつ、術ダメージ軽減もあるかも。

----------------------------------------------
薬師



神通力
・滋養活力
任意の二人に生命力を少量回復し、効果の高い生命継続状態にします。

修験道
・護鬼法力・参
味方二人の生命力を回復し、物理と術の耐性を上昇させます。また自動的に、自身が継続ダメージを受けた際、その継続ダメージを解除し、味方全体を継続回復する状態になります。

医学
・硝薬乱舞
(火炎丹)を消費して、敵3体に火属性の攻撃妖術を放ち、さらに物理攻撃で追加ダメージを受ける状態を付与します。

--新技能一覧--

医学
・二者救護・弐
二者救護の強化版

・継続治療
この技能を対象に行った後3回、自動で単体回復術を行う。詠唱が切れていても多分発動。

修験道
・蛇紋孔・参
・邪念霧散・参
それぞれ強化バージョン。


神通力
・生命付与・参
・雷神衰微・参
それぞれ強化バージョン。


----------------------------------------------
傾奇者



地勢
・御破算
全ての地勢を打ち消し、打ち消した個数に応じて敵全体にダメージを与える術攻撃を行います。

四象
・龍之咆哮
敵単体に物理ダメージを伴う術攻撃を行います。

殺陣
・道音~風花
3人連携。特定の回復・治療技能と連携し、回復を行います。沈黙状態でも使用可能で。同職業の2人とでも連携可能です。

--新技能一覧--

四象
・百鬼旋舞
百鬼とあるから単体ではなく、複数への攻撃技能だろうか。くるくる回り踊りつつダメージを与える、もしくはメイン攻撃技能となる存在。

・臨機応変
これをセットしておけば、臨機応変に何かを対処してくれる。。。


殺陣
・肘鉄砲
連携物理攻撃。もしくは単体物理攻撃。モーションが楽しみ。

・宿命~戴星
術連携攻撃技能。


地勢
・地の利
地勢を一定時間、味方徒党にのみ反映される状態にする、もしくは敵の地勢の影響を受けない?

・弁才の謡・弐
弁才の謡上位バージョン



予想とは全然違った技能になるとは思うが、名前を見ると陣営技能や奥義はなく、どれも特化技能のように思える。また技能名~弐とか参も追加効果があるだけでなく、さらに何らかのトリガーで追加効果が発動するようなので、修験さんなど新しい技能名がなくとも、悲観するには早いかと思う。

技能が追加されることによって覚醒流派効果も追加されるので、こちらも気になるところ。




にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

snow454 at 19:00|PermalinkComments(0)